インターステラWeb負荷試験サービスとは?

Webシステムの耐性を知るために疑似的なアクセスを大量に発生させ、検証することを負荷試験と呼びます。

弊社ではゲーム業界・IoT・eコマースに特化した負荷試験を実施します。

Web負荷試験サービスがなぜ必要なのか?

ソーシャルメディアの発達により、話題の商品やサービスはすぐ拡散され、ウェブサイトにアクセスが集中します。

事前に試験を実施することで、そのような想定外のアクセスに備えます。

状態把握

Webシステムの特性を理解する事で、アクセス数に応じたサーバースペック変更の判断などを的確に行えます。

性能改善

負荷試験の結果から問題点を把握し、システム構成を変更することで性能改善を行います。

コスト削減

状態を把握することでWebシステムの状態によってはスペックの縮小をおこない、コスト削減が可能です。

インターステラWeb負荷試験サービスの特徴

Google Cloud Platform を使用した負荷分散試験とアフターフォローの充実

弊社ではクラウドプラットフォームを使用した負荷試験を実施しております。このプラットフォームを使用することで様々なWebシステムに対応でき、システムにあわせて負荷試験を柔軟に変化させることが可能です。また、試験実施後には結果にもとづいた慎重な考察をおこない、報告書におまとめします。

業種別メリット

弊社のサービスは試験の柔軟性、豊富な知識、最新の技術を兼ね備えております。

ゲーム業界

弊社代表の阿形は元ゲーム会社での勤務経験があり、システムの特性を熟知しているため、その知識やスキルを存分に活かした負荷試験を実施します。ゲームはユーザーによって遊び方が変わることから、負荷がかかる場所も千差万別です。負荷がかかりやすい場所やパターンをさぐり、改善することでユーザーにストレスフリーなゲームを提供できます。

Internet of Things (IoT : モノのインターネット)

IoTでは膨大な数のIoTデバイスから収集したデータをリアルタイムでオンライン上に集約するため、安定したシステムパフォーマンスが必須です。通信に重点をおいた試験を行うことで安定した信頼できるネットワークを構築できます。弊社ではGoogle Cloud Platformを使用しているため、サービスによって試験内容を柔軟に変化させる事ができます。

Eコマース

セールの実施や人気商品を取り扱うECサイトはアクセスが集中しやすいサービスなことから、拡張性の可否が主に重視されます。負荷試験を実施し現状の拡張性を把握するとともに、コストを抑えるため過去のユーザー数を解析し、個々のECサイトに応じたスペックを提案します。弊社ではEC-Cubeなど主要なECサイト構築ツールで試験を行っております。